行方不明

行方不明者の生死

行方不明になって生死がわからない場合

人が行方不明になるという事は大変なことですが、実際にそういったケースもあるのが事実です。そういった時にそのままの状態で帰りを待てればよいですが、そのままにできない財産などもあるものです。帰ってくる見込みがほとんどない場合は、そのような状態を解消する必要があります。失踪宣告を受けることで、その人が亡くなったのと同じような状況になり、相続などの処理ができるようになります。
この宣告には二つのパターンがあります。通常の行方不明などの場合と、特別な危難に遭った場合です。この二つは失踪の期間に大きな違いがあります。通常の行方不明の場合は行方が分からなくなってから七年間経過してから申し立てることができます。また、特別な危難に遭った場合には、その危難が去った時から一年経ってもまだ生死が分からないという場合に申し立てることができます。
亡くなったとされる時期は、通常の行方不明なら最後に生存が確認されてから七年間経過したとき、特別な危難に遭った場合ならその危難が去った時とされています。この宣告を受けることによって、残された人たちは相続などで財産等を処分することができるのです。
宣告後、本人が戻ってきた場合は先刻の取り消しを請求し、取り消してもらうことになります。シニア12